• 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • メタ情報

  • 平成26年度秋季彼岸会法要厳修

    当山彼岸法要前

    当山彼岸法要前

     

    資料を作製しました

    資料を作製しました

    法要終了後のお話用に資料を作製しました。

    平成26年9月彼岸法要資料
    此岸 →   彼岸
    (娑婆世界) (悟りの世界)
    娑婆(今、我々が生きている世界であると同時に、苦に満ちた世界)
    現代は、それに加えて「末法」の時代。
    (当たり前の怖さ)当たり前→感謝しない→傲慢(ごうまん) →怒り。
    自分だけが正しく人は間違っている。自分さえ良ければいい。
    四苦(生・老・病・死)
    ※ 彼岸に到達する為に、自分自身が六波羅蜜の修行を積む。
    ※ 六波羅蜜
    1布施(物を差し上げること。させてもらうこと。)
    2持戒(身をつつしみ、常に反省すること。)
    3忍辱(平静にして耐えしのび、いからない、怨まない)
    4精進(善い事をし、悪い事をしないようにいつも努力し続ける)
    5禅定(感情をしずめ、心を安定させること)
    6智慧(すべてのものを生かしている大いなる命を把握すること)
    生まれ変わる度に六波羅蜜の修行を繰返し、もしかしたら仏になれるかもしれない? 煩悩と菩提は相反するもの。(爾前経)
    ※ 彼岸の中日は真西へ日没。
    日没→人の死・死後を想像
    真西→西方極楽浄土
    ※浄土とは(仏が存在し、そこで常に教えを説いている国土を浄土という)
    法華経の考えから観た彼岸。
    此岸 =  彼岸
    (娑婆世界) (悟りの世界)
    釋尊は娑婆世界に於いて、常に教えを説いている。即ち、この娑婆世界が浄土
    である(寿量品で説明)娑婆即寂光。
    ※ 釈尊は我々に、親が子を想う心に気付いて欲しい。親(仏)の心を聴いて欲しいと思ってられる。
    ※ 受持=受け持つ。

    受ける=釈尊の心を瞬間に受け取る。 持つ=持続(継続)すること。
    ※自分自身が法華経を受持し成仏する事で、先祖も成仏する事が出来る。

    Filed under: 年中行事,日々のこと — hoshu 5:02 AM  Comments (0)

    法事後の食事

    お食事

    お食事

     

    法事後、施主さんのご好意で参列した皆さんと一緒に食事をする機会がある。先日も、一周忌法要後皆さんと共に食事を頂いた。通常、我々僧侶は上座の席に案内され、次に親族の重鎮である方達が私の回りに案内されるケースが多い。最近は、法事そのものが縮小されているので家族のみという事も多くなった。その場合は、施主さんが私の側に座られる事になる。

    法事の後席(食事)は、ただ食事や歓談をするだけでは無く、故人にまつわる話しが沢山出てくるものである。故人を思い出し、皆さんで故人の話しをする事は、故人の魂が家族、親族の間で生き続けている証であると思う。たまに「法事は何回忌まですればいいのですか?」と尋ねられる事がある。このような質問をする事は、既にこの方の中には、故人の魂が生き続けておらず故人の魂も彷徨える魂になってしまっているのでしよう。法事に於いて、供養と共に故人を偲ぶ事が、皆さんが故人の魂を確認する意味もあるのではないかと思います。その姿を法事に参列した皆さんが現世(この世)で経験する事によって、自分の死後、家族、親族に供養され、偲んでもらう事で「現世安穏 後生善処(げんせあんのん ごしょうぜんしょ)」を確認する事だと思います。

    また、後席に於いて日頃疑問に思われている事の質問をされます。これは、食事の席という事もあり、緊張感が薄れている事もあるでしよう。私は、とても大事な布教の場と捉えています。何故ならば、質問内容が本音の部分が多いからです。素直に質問され、私の答えも素直に聴いて貰える。そんな環境が、この後席には存在します。

    今回の後席では、施主さんのお孫さんと仏教の教えについてお話する事が出来ました。この事は、次世代に教えを繋いで行く大事な機会でもあります。これからは、私の回りに重鎮の皆様だけでは無く、若い方達に回りに座って貰いたいと考えます。

    Filed under: 日々のこと — hoshu 7:32 AM  Comments (0)