• 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • メタ情報

  • 名古屋へ行って来ました。

    平成六年度遠壽院大荒行堂同期会のメンバーと名古屋へ行って来ました。
    熱田法華堂 本遠寺様、熱田神宮に参拝しました。

    「写真左から本遠寺様御宝前・子育て鬼子母神・法華堂釈迦如来立像・熱田神宮本宮」

    大雨

    先程まで大阪府下に大雨洪水警報が出ていました。この付近に被害は無いようですが、それにしてもかなりの雨量でした。九州地方に被害がでているようです。どんなこともほどほどが有り難い。

    Filed under: 年中行事 — hoshu 10:18 PM  Comments (0)

    研修と会議

    昨日から全国声明師連合会会長会議出席の為、東京池上本門寺に来ています。
    1日目は会長研修会。研修会では宗定法要式の重要事項確認、声明七曲確認等。
    緊張感ある研修でした。

    今日は全国声明師連合会会長会議が宗務院にて開催されます。

    Filed under: 日々のこと — hoshu 6:14 AM  Comments (0)

    研修会

    一昨日「大阪三島宗務所主催教師研修会」が開催された。
    昨年「自死について」の講演に引き続き「グリーフケアについて」の講演を公益社が主宰する「ひだまりの会」の活動をされている公益社社員の皆様に講演を頂いた。

    講演の感想は「昨今の葬儀事情を考えると値段重視の葬儀が横行し遺族の立場にたって葬儀を進めて行く事が軽視されている。葬儀の一環として葬儀後も遺族をグリーフケアして行く事について企業理念の高さを感じた」同時に私自身反省も・・・

    本来であれば、我々僧侶が釈迦が説かれた法華経の教え、それを更に詳細に説かれた日蓮聖人の教えに則って信仰心、死生観を説いていたならばグリーフケアの必要が無かったのではないか? 日本は戦前と戦後で生活や家族形態が変化し高度成長期時代と現代でも大きく社会が変化している。その仲で信仰心、死生観も大きく変化したというより消滅に近づいている事をこの講演を通じて気づかされ、我々僧侶が日々法華経の教えを説いて来たのか? 私自身多いに反省を促された講演だった。

    仏教は「生きている今を、より楽しく日々を過ごす為の教え」
    「死」を考える事で「生」の生き方がわかるのではないか? 今は「死」というものを避ける風潮からか? 本来「弔い」の行為から人は安心(あんじん)を得たりするものだが、葬儀式の簡略化から遺族の安心(あんじん)を得る事が減少してきているのかもしれない。日々の布教、通夜、葬儀での布教に更に力を注がなければならない。

    Filed under: 日々のこと — hoshu 11:29 AM  Comments (0)